sorachinoのブログ

BLやラノベ、少女漫画、ロマンス小説等の読書感想ブログ。お気に入り作品には★タグをつけています。どちらかと言うと新刊より古い作品に言及することが多いかも。ネタバレ多数。コメント大歓迎です。

basso 『amato amaro』

amato amaro (EDGE COMIX)

イタリア政治家シリーズ第2弾。前巻の主役カップルは、今回脇役に回っています。
相変わらず表紙が美しい。このマットなグリーン、綺麗です。


表題作はボディガード×経済学者のお話。気だるげな眼といい、あごひげといい、襟足の立った髪型といい、さらにスーツを着こなす長身痩躯といい、攻めのアルマンドの容姿が非常にセクシーでシビれました。個人的に、bassoさんの描いた中で一番色気を感じたキャラかもしれません。ファッションモデルをやってほしいくらい。寡黙で無駄口を叩かないところも好みです。

それにしてもこの作品の受けはとんでもない天邪鬼ですね。攻めへの口説き文句は、挑発にしても結構酷いような……(笑)。こんなこと言われたら普通の人は心証最悪になると思うんだけど、これで攻めを落とせると踏んでいる受けは天邪鬼じゃなかったら相当な自信家なのではないでしょうか。まぁ実際、最終的に攻めを落としているのはお見事ですが。


この短編漫画集の中で一番好きだったのは、『differenza(ディッフェレンツァ)』でした。兄であるパオロの結婚を祝うため、双子の弟であるマウロは、ゲイのパートナーを連れて緑豊かな田舎町へと帰郷します。まともな道を歩み父のお気に入りのパオロと、父の覚えがめでたくないマウロ。父とマウロの関係が悪化したのは、マウロが男を家に連れ込んでいるのを父が叱責したからなのですが、実はこれは父による誤解で、家に男を連れ込んだのはパオロだったのでした。パオロも、マウロも、その誤解を解かないまま大人になったのです。

この兄弟、本当に切ないわ~。パオロは、ありのままの自分を家族に知らせることなくずっと「決まったルートを歩いて」生きていくんでしょうね。

マウロは一緒に歩むパートナーがいるけれども、それでも父の愛を得られないのは辛いよなぁ。人生って恋愛だけじゃないですから、愛するパートナーがいれば他の人には理解されなくても構わない、というものでもないでしょうし。

短くも、切なくほろ苦いお話でとても印象に残りました。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村