sorachinoのブログ

BLやラノベ、少女漫画、ロマンス小説等の読書感想ブログ。お気に入り作品には★タグをつけています。どちらかと言うと新刊より古い作品に言及することが多いかも。ネタバレ多数。コメント大歓迎です。

ジュシュ・ラニョン 『欠けた景色 In Plain Sight 』

欠けた景色 In Plain Sight (モノクローム・ロマンス文庫)

M/Mの短編小説です。

舞台はアメリカ、アイダホ州のベアレイク郡。主人公であるFBI特別捜査官のナッシュ・ウェストは、研修講師としてベアレイクに短期滞在することになります。その間、地元のモントピリア警察署の警部グレン・ハーロウと深い仲になるものの、研修期間が終わり飛行機でクワンティコへ帰ることに。ところが、突然グレンが行方不明になったため、ナッシュはクワンティコから急遽ベアレイクに戻りグレンを探そうとしますが……、というお話でした。

FBI捜査官と地元警察署の警部という双方捜査機関所属のカップルでした。どちらもタフでプロフェッショナルな大人の男です。

それにしても日本で翻訳書が出ているMM小説って、カップルの一方が警察官というパターンが本当に多いですね。まぁ、ラニョンさんのようにゲイミステリを書こうとすると必然的に捜査関係者をメインキャラクターに据えたくなるものなのでしょうが、この作品はそれだけではなく、田舎の警官のゲイの孤独や生き辛さにも焦点を当てています。
マッチョで男臭い警察組織、しかも閉鎖的な田舎町、ときたらそりゃ苦労するでしょうね。

グレンは作中ほとんど行方不明で登場シーンはそれほど多くありませんが、ナッシュと読者はグレンの生き様を捜査の過程で感じ取っていくことになります。グレン本人の口から語られることはない、それでもまざまざと浮き上がる地方に住むマイノリティの孤独感が印象的でした。

それだけに、その後の彼らが気になります。どちらかがキャリアを中断してでも一緒にいることを仄めかせて話は終わっているんですが、もうちょっとその先を読んでみたくなるんですよ。この作家さんの小説の最後の一文はいつも非常に練られており、「その先を!読みたいんだ!」と読者をもどかしくさせるんですよね。上手いよなぁ。