sorachinoのブログ

BLやラノベ、少女漫画、ロマンス小説等の読書感想ブログ。お気に入り作品には★タグをつけています。どちらかと言うと新刊より古い作品に言及することが多いかも。ネタバレ多数。コメント大歓迎です。

西烔子 『娚の一生』 全4巻

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)

娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)

娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)

娚の一生 3 (フラワーコミックス)

娚の一生 3 (フラワーコミックス)

タイトルといい表紙といいあらすじといい惹かれるものがあり、本屋で見かけるたびに毎回買おうかどうしようか悩んでいた作品。西烔子さんというと以前落語を取り扱った『兄さんと僕』を読んであまり合わなかった覚えがあり迷っていたのですが、今回思い切って全4巻読んでみました。

面白かった……! 早く読めばよかった!

  • 堂薗つぐみ
  • 海江田醇

面白かったところ、萌えたところ

海江田というキャラの魅力

なんといってもこの作品の海江田醇というキャラクターだと思います。51歳、老眼鏡、哲学者で大学教授でエッセイスト、スリムな長身。社会的地位も高くインテリでスマートな壮年男性です。スペックだけじゃなくて、醸し出す独特の雰囲気も良いんだよなー。優しすぎず、淡々としているようでいて、情熱的で。飄々とした態度でマイペースにつぐみの日常に割り込んでくるかと思えば、優しすぎず時に突き放したりもするし、踏み込みすぎず包容力も見せつける。そりゃつぐみも惚れるわな。
何気に子供好きなところもポイント高いです。マコトくんに対しての躾が厳しくてちょっと笑ってしまった。ごはんを食べているときにテレビはつけないって結構昔堅気なのね。何食わぬ顔して風船をマコトにあげたり、4巻でつぐみとの間に出来た息子の馨を構い倒してとても可愛がってる様子も微笑ましい。
そして何より関西弁が……!!このキャラの話す関西弁の魅力がやばい。50代のおっさんに萌えてしまった……!



その他

  • それにしても、つぐみの容姿が若い。プライベートでの服装もわりと少女じみた格好をしていて、とても30半ばには見えない。
  • 後半における拉致監禁・殺人未遂事件・地震・停電の怒涛の展開については賛否両論あるようですね。どちらかというと私も、なにもここまでセンセーショナルなビッグイベントを重ねなくてもいいんでは、という気がしなくもない。日常の触れ合いの延長線上であっても、十分二人はまとまったような気がしますしね。
  • 地震原発、というとどうしても東日本大震災を思い出す人が多いと思いますが、こちらの作品はあの大震災が起きる前に発表されているんですよね。そりゃそうか。あの大震災が起きた後だったら、地震原発の関連ある描写は生々しくて作中には出てこなかったかもしれないなぁ。ただ、こちらの作品で主人公が地元に誘致しようと奮闘しているのは原子力ではなく地熱発電なんですよね。再生可能エネルギーとは、作者はいいところに目をつけたなー。

まとめ

大変面白かったです。51歳の男性に萌えるなんて、と読む前は思っていたけれど、問題なく萌えられました。