sorachinoのブログ

BLやラノベ、少女漫画、ロマンス小説、ミステリ小説等のジャンルごった煮読書感想ブログ。お気に入り作品には★タグをつけています。ネタバレ多数、ご注意ください。コメント大歓迎です。2018年は月一更新を目指し、毎月15日0時更新予定。

篁 釉以子 『妖しの恋の物語』

妖しの恋の物語 (プリズム文庫)

妖しの恋の物語 (プリズム文庫)

  • 嵐の神である須佐王×17歳の人間の少年の邑
  • 月の神である月夜観×火の神と獅子の精霊の子である輝津馳

という2つのカップルのお話が収録されていました。須佐王はスサノオ、月夜観はツクヨミ、輝津馳はカグツチ
と読むことから明らかなように、日本神話をモチーフとしたファンタジーです。

2作品のうちでは、キャラクター的には月夜観×輝津馳カップルが好みでしたね。ショタには関心の薄いたちなのですが、なんか輝津馳のアホの子っぷりが可愛くて。あとがきによると作家さん自身も輝津馳がお気に入りなようです。

それにしても表紙にキラキラのラメ加工をするレーベルってありますが、いつも普通でいいのに、と思います。